もう間もなく雛祭りの季節です。私は雛祭りって大好きで、小さいときから雛人形を飾るのがワクワクでした。母と姉と一緒に飾り付けをしてた記憶があります。
そもそも、皆様は雛人形や雛祭りの由来を知っていますか?雛人形や雛祭り、あとは五月人形や端午の節句、古い歴史があるので、知ると意外にも面白いかもしれません。
よく聞く迷信と言えばこれですよね。雛人形を早くしまわなかったら婚期が遅くなるという迷信です。いま考えると笑えますよね。子どもの頃はちゃーんと信じていた話です。母に早くしまおうよ!なんて言って大騒ぎしていた気がします。 どなたでもこれは迷信と知っていることですけど、やっぱり雛人形は早く片付けなきゃと思っている方が多いと思います。特別、この日にしまおうという日はありませんが、テキトーに飾ってあるくらいならチャチャっと早く片付けたほうがいいですよね。 なので、娘が可愛い気持ちは分かりますが、お父様!お嫁に早く行ってほしくないという気持ちは分かりますが、雛人形を飾ったままにしておくのはよくありませんよ!(笑)
話は変わりまして本題です。雛人形の由来のお話です。まずは雛人形のルーツです。中国渡来の上巳の節句(じょうしのせっく)という水辺で体を清めて、穢れを祓う習慣がいつしか3月3日に行なわれるようになったものが原点のようです。
中国の文化から来たものだなんて知らないですよね?毎年恒例のお祝い行事のことでも、起源をご存知の方は少ないはずです。 お内裏様は天皇、お雛様は皇后にあたる様に、宮中の結婚式をイメージして造られたという話は世の中に知られていると思います。 お内裏様・お雛様の下の段に飾られるのは宮中に仕える女官や侍従を意味する人形たちです。岩槻 雛人形 口コミ ちなみに小道具は嫁入り道具をイメージしたものだそうですよ。
ついでに、有名な生産地と言えば埼玉県さいたま市岩槻区ですよね。岩槻というキーワードで第一に浮かぶ方が多いと思います。そのほか小規模にも栃木県佐野市や埼玉県鴻巣市が生産地と挙げられるようです。 私も娘ができたら家族で岩槻へ行き、娘にピッタリの雛人形を見つけたいと目論んでいます。雛人形は嫁入り道具ともなるものです。 子へと代々受け継いでいく家庭も多いようです。私の姉の娘、つまり姪っ子に雛人形が渡りましたので、私に娘ができたら雛人形は吟味して選びたいと考えています。
雛人形を飾るのことはビッグイベントでした。3月3日が毎年待ち遠しかったのを覚えています。雛人形の由来や歴史なんて知っているわけもないのに、子ども心に何か神聖なものを感じていたような気がします。不思議ですね。

ノーローン
岩槻 雛人形
五月人形
雛人形
五月人形 通販
五月人形 人気
オリジナルTシャツ
インテリア アートフラワー
アートフラワー ブーケ
雨漏り
相互リンク募集中サイト向けSEOリンク集